mirage22

【中英日】Thirteen Ways of Walking through a Cemetery

草履蟲蟲蟲🍀:

Inspired by Wallace Stevens' Thirteen Ways of Looking at a Blackbird


灵感来源于Wallace Stevens "看黑鸟的十三种方式"


ウォーレス・スティーブンスの「ブラックバードの13通りの見方」より




I


The flowers and the flags, 


the gravestones and the signs, 


a gust of wind passes by. 


I


鲜花与旗帜, 


墓碑与标志,


清风拂。



花と旗、


墓碑と記号、


風そよぐ。




II


1931-1998


I was born when she died. 


II


1931-1998


她逝,我来。


II


1931-1998


あの方亡くし、我来たる。




III


The chirpings of cicada dissolve into the wind. 


All you can hear are the spirits whispering: 


Hello. 


Goodbye. 


III


阵阵蝉鸣溶解在风中。


耳边只留下幽魂们的低语:


你好。


再见。


III 


セミの鳴き声が風に溶け込む。


耳元に残された霊たちの囁き:


こんにちは。


さようなら。




IV


One stone and a name, 


are one. 


One stone and two names, 


are one. 


IV


一块墓碑与一个名字,


是一。


一块墓碑与两个名字,


是一。


IV


墓碑一つ+名前一つ


=1


墓碑一つ+名前二つ


=1




V


I do not know which to live for:


a headline on the local newspaper


or a memoir on the shelf of a bookstore——


The names that are yet to be carved,


or those right in front of my eyes. 


V


我不知该为何而活:


是本地新闻上的一面头条


还是书店架上的一本传记——


那些尚未被篆刻的姓名,


还是眼前此景。


V


どっちに生きれば良いのか分からない


地元新聞での見出しか


本屋に出される回想記か——


まだ刻まれていない名前たち、


それとも目の前にあるこの光景。




VI


Weeds pave the roads


from one stone to another. 


I place my foot in the unseen gap


halting and wary. Yet still


I have left in the terrain a trace


alive. 


VI


野草铺成一条条道路,


从一块墓碑通向另一块。


我涉足于看不见的缝隙之间


如履薄冰。即便如此


我还是在这片土地上留下了一笔


鲜活的轨迹。


VI


下草は道を作り


墓碑を繋い合わせた。


私は目に見えない隙間に足を踏み入り


戸惑いながら進んだ。それでも、


この地に残されてしまった


命ありの軌跡が。




VII


O vigorous young lives,


why do you picture death the end of life? 


Can you not see right beside the stones,


embracing the new grown sprouts,


all those tender arms of snow?


VII


噢 风华正茂的人们啊,


为何要将死亡看作人生的终点?


难道你看不到就在那石边,


拥抱着新生嫩芽的


一条条柔软的冰雪的臂膀?


VII


嗚呼 若き健やかな青年共よ


なぜ死を人生の終わりにするのだ?


君らには見えぬのか、その石のすぐ側


芽生えたばかりの苗を包み込んだ


優しい雪の細腕。




VIII


I know the vulnerability of life


just like the strong, resilient mind;


but I know, too,


that the ashes buried below


know all that I know. 


VIII


我深知生命之脆弱


还有那强大、坚韧的意念;


但我也知道,


埋藏在脚下的那些尘埃


比我更明白。


VIII


私は命の脆弱を知っている、


その粘り強い根性も同じく;


しかし、同時に知っているのは


この下に埋められた遺灰も


それを全部知っているのだ。




IX


When lavender was planted, 


it swayed in the wave


with many others reflecting


the same color of sky. 


IX


当薰衣草被种下时,


它在浪潮中摇摆


和大家一同倒映着


同一片天空的色彩。


IX


ラベンダーが植えられた時


波の中にそよいて


他の皆んなと共に


同じ空の色を写していた。




X


On the lane alongside the fence


Friday morning on an ordinary day, 


even the rookies stepping on their throttles


drive past fast. 


X


那条沿着围栏的车道


在平淡无奇的星期五早晨,


就连踏着油门的菜鸟司机们


也都飞驰而过。


X


柵の隣にいる道


何事もない金曜日の朝方、


スロットルを踏んでいるルーキーどもさえ


飛び過ごしていた。




XI


He bikes across the cemetery


in the middle of the grass. 


Once, a shiver ceases him, 


in that he has mistaken


the flickering shadow of twigs


for the spirit' rolling eyes. 


XI


他骑着单车穿过墓园


穿过青草之间。


忽然,一个寒战,


那是他一晃眼


将枝条闪烁的光影


看成了幽魂们提溜转的眼神。


XI


彼は自転車で霊園を横切って


草の中を走った。


一旦、ぞくぞくと震えていた。


何故ならば彼は、見間違えで


揺らめいていた枝の影を


霊たちの瞬きと勘違えしていた。




XII


The clock is running. 


The cemetery must be opening. 


XII


指针还在转动。


墓园定会开门。


XII


針が動いている。


霊園は必ず開く。




XIII


It has been warm all morning. 


The cemetery whispers


in the sun's gentle shine. 


XIII


一早晨都风和日暄。


墓园沐浴在那春光之中


轻声低语。


XIII


朝方はずっと暖かかった。


優しい陽射しの中


霊園は囁いていた。






Feburary 15, 2017

评论
热度(16)
  1. mirage22mirage0202🍀 转载了此文字
© mirage22 | Powered by LOFTER